「交流ステーションみのり」とは

gaiyou・交流ステーションみのりは、自らの手で「仕事」を創造することを通じて、
障がい者がいきがいを感じながら就労できる環境づくりをお手伝いする
ことを目指すNPO法人です。
 

kadai知的障がい者が主に就労している事業所(福祉作業所)は、
障がい者たちに働いてもらう仕事を確保しようと懸命に尽力
されていますが、長引く経済環境の低迷もあって、仕事の確保
                                  すらままならないのが現実であり、そんな就労環境を改善することは長年
                                  にわたる社会的課題です。

 

mondai交流ステーションみのりは、農作物の栽培・加工とクラフト製品
の製作・販売を中心に活動を展開しています。
その活動の中で、障がい者に担当してもらう過程を作り出して
                                       「仕事」をして提供していくことが、わたし達の活動が目指す到達目標です。
 

dantai○所在地 (主たる事務所) いわき市平赤井比良三丁目41番地
       (農場)      赤井第一・第二農場、小川農場
○電話 080-2832-1616
                                                    ○E-mail:station_minori@hotmail.co.jp
                                                   ○団体構成 役員3名(理事長1名、理事2名、監査1名)、
                                                       正会員10名、賛助会員30名

enkaku平成22年   赤井第一農場で、ダイコンの栽培を手始めに農作物の栽培を開始
平成23年   サツマイモの試作栽培を開始
                               収穫したサツマイモの干し芋への試作加工を開始
                      平成24年   サツマイモの試作栽培面積を拡大(小川農場の開設)
                   公的助成や民間助成金を活用して導入した機材を使用した試作品の製造
                            ポプリを入れた小型バッグなどのクラフト製品の試作を開始
                      平成25年   サツマイモの本格栽培を開始
                           いわき市農業委員会で農地法第3条に基づく営農許可を取得
                            クラフト製品の注文生産開始